髪の主成分はケラチンという硬質

髪の主成分はケラチンという硬質のタンパク質からなっています。

ここに含まれているシスチンが他のシスチンと結びつき、

爪のような硬さを生み出しています。

よって、

この結びつきを断ち切ることでパーマがかかります。

繊維状に繋がっている細胞を断ち切るのは、

チオグリコール酸などの還元剤です。

その後、

臭素酸ナトリウムなどの酸化剤を使い、

巻いたロットの形が残るようにします。

液剤を内部に浸透させるために、

キューティクルがはがれてしまうなどのダメージはどうしても避けられません。

しかし、

最近はダメージの少ないパーマ液も出てきていますので、

髪のことを考えるのなら、

パーマ液にこだわりをもっている美容室を選ぶことをお勧めいたします。

そして、

あまり頻繁にパーマをかけるのを避け、

少なくとも2カ月以上の間隔をあけましょう。

これが髪の健康のためです。

男性も女性も髪のメンテナンスは基本が大事

切れ毛や枝毛の原因はいろいろありますが、

パーマのかけ過ぎ、

毛染めのし過ぎは原因として大きいですが、

この2つも一定の期間を開けて髪を休めていれば酷い状態は免れます。

こんなうたい文句なら試してみたいね!

生えなかったら全額返済!革新的な育毛剤

クリニックの3分の1程度で利用できる手軽さ

育毛剤プレミノ驚異の発毛力体験へ