人生をいじくりまわしてはいけない水木しげるさんの人生論

こんにちは。

今日から7月。

今年の年頭に立てたスケジュールの進捗具合はいかがでしょうか。

ちょうど振り返るタイミングです。

私も今夜は振り返りまくります

残りの半年、さらに充実させていきましょう!

さて。

ネットを見ていたら、ゲゲゲの鬼太郎の作者として知られる漫画家、水木しげるさんのこんな言葉を見つけました。

人生をいじくり回してはいけない。あわてずにゆっくりやれ。

占いの師匠が年がら年中言っている

努力したってムダ!

という言葉に通じるものがあり、

うーむと唸ってしまいました。

この二つの言葉は、

人生という大きな流れの中において

人間の力がいかに小さいか、

それを知ることから始めなさい

という意味だと思うのです。

努力が報われると思っている人は

どこか尊大なんですよ。

人生をいじくりまわすなという言葉は

自分の人生に身をゆだねよという

覚悟を迫る意味があるのではないでしょうか。

まず、自分の力量を見極める。

そして運命のタイミングを測る。

芽が出る時期にないのに、

何か新しいことを始めようとしても

うまくいきません。

じっと耐えながら、準備をする。

そしてチャンスが巡ってきたときに

ガツンと勝負する。

また、占いの師匠が言う努力したってムダ!は、

適性がないのに努力しても成果が出にくい

ということだと思うのです。

たとえば、何回も公務員試験に挑戦している人がいますが、

残念ながら適性がないからそうなっているわけで。

サッと切り替えて自分に合った別の将来を目指す方が

お金も時間も無駄になりません。

水木しげるさんは、太平洋戦争中にラバウルに出征し、

爆撃に遭って片腕を失っています。

地獄のような戦場から生還し、

苦労を重ねて漫画家として大成しました。

そんな彼の言葉には、やはり凄味がありますね。