波動が高い低い

追記しました。

波動を計る機械というものがあるのですね!

世の中には本当に知らないことが多すぎる。

で藤下先生がコメントしてらっしゃって知りました。

藤下先生元北陸大学薬学部教授は、2013年の個性心理學学術大会で双子のぼくの生涯リズムというテーマで研究発表されました。それからで繋がらせていただいています

記事がようやく見つかった

スーパーで、

普通に安いトウモロコシと、有機栽培のトウモロコシがあったとしますよね。

有機栽培の方が値段も普通のと比べれば何倍もの値段がするので、

味はそんなに違うんだろうか、本当に身体にも良いのだろうかと安い方を買ったり、

明らかに見た目や味で違うときは高いほうをなので買ってみたりしましたが。

その波動を計る機械では見事に数字で違いが出ていました

驚きでした。

常、見極める力は身に着けておきたいと思っていましたが、

計れる機械があるとは

私が自分のカルテを入れておくファイルは、

アドバイザー資格を取得した時に、山内幸子先生が用意してくださったものなのですが、

セミナーではお渡ししたカルテを入れるファイルはできれば100均は避けてねとお伝えしています。

100均って良いものも多いのですが、ファイルだけはどうも進化が見られない

中身のビニールが安っぽいんです。

個性診断カルテは一生使える相棒なので

ちょっと良いファイルにいれてみてください。

おそらく機械で計れば若干の違いがあると思うのですが、

材質だけで計測するかなどうだろ

波動が数値化できる時代。

こだわりすぎて神経質になってしまうと逆効果になる気がしますが、

の先生のブログからは楽しさが伝わってきました。

見るからに悪そうなものは今後も避けよう

日頃から食べ物、物、場所、言葉見極める力を身につけたいですね