チーム崩壊、綻びを見せたのは16年開幕からそしてオコエ獲得失敗をしたフロントも連帯責任を取れ

ボケ真中が事実上の解任をしてから自分は色々と昨年から厳しく見ていた。いや、真中が2014の秋に監督になってから、タイガーマスクの虎の穴のボスみたいに厳しく見るようになってから厳命をしたのが「故障者を毎年出すな」、「勝てる首脳陣の組閣」と衣笠、編成の怠慢で小沢一郎みたいな『剛腕壊し屋』みたいなフロントへ厳しい注文をしていたからだ。

首脳陣組閣が2014年オフに有田修三片岡篤史招聘、一昨年オフで関川浩一、昨年オフで下柳剛、松元孝弘の首脳陣の招聘と入閣をしなかったり、2015年ドラフトにボケ真中は高山俊を勘違いで外して、オコエ獲得失敗とこの時点でチーム崩壊の引き金が今に至ると眼に見えたからだ。後は不良債権の選手が出るという始末に至る自体で補強に行き届いてない部分も見せたからだ。今は首脳陣の一斉解任をしては新しい血を入れると言う大きな刷新をすべきだと見ている。

もし、ヤクルトにオコエ獲得をしてはオコエ瑠偉の育成で外野手だけでなく捕手兼任という育成をすべきだった。今、オコエは楽天で昨年にコボスタで見たときはひたすらがむしゃらにプレーをしていたが、今年はケガに泣かされ、つい最近復帰したばかりでプロの水を舐めてる部分や昨オフにナイジェリアへ行った話を聞いては「そんな優遇は通用しない」とただ返上で練習に絞るべきだと見ていた。「オコエが捕手にさせるのはインサイドワークを鍛えるからか」と言われた話を聞いてはまさにその通りで急造捕手のみならぬ打撃向上練習をさせてるからだ。

崩壊をしたのがからくり空調の墓堀戦で10連敗と苛立ち、更には元凶なのが三木肇のトンチンカンなベンチワークが目に見えたからだ、それが影響しては広島のジョンソン、大瀬良大地、阪神戦で夏場に6連敗をしては三木肇へヤジ、更には怒りのシュピレヒコールを挙げたからだ。自分は即、三木肇がいつくのが元凶と昨年から指摘しては試合前に神宮でブルペンに行っては先発投手へ余計に変な真似をしたりしていたのを何回か見ている。

毎年、怪我人を出しては酷い状況にいたり、今年は端慎吾・畠山和洋大引啓次今浪隆博・雄平、徳山武陽・秋吉亮などが離脱ドミノが多発した、夏に入り鵜久森淳志をファームに落としたり、次に春先で川端の穴を埋めた谷内亮太が1軍とファームの往復をしてる話も聞いた。今は藤井亮太が守っている中で失策を多発しては三木の指導が下手すぎて話にならない事や片岡監督なら厳しく指導をしてると指摘している。

川端はヘルニアをキャンプ最中に発症、ファームで復帰を目指したが今季は絶望や手術をする事も聞いており、川端の負担やヘルニア悪化をさせたのが三木のせいだと見てるのだ。次に畠山和洋の2年連続で離脱も悔やまれ、次に館山昌平が本来の投球も出来ないことで成瀬善久が期待を裏切るなどとして遂に館山、成瀬の保証もしない余地に来たのだ。畠山には代打専任で十分だ。

更にギルメット、オーレンドルフ、ルーキも安定しておらず元中日のネイラー、元広島ヒースを獲らなかった代償が見えたからだ。内野では高橋周平、今成亮太も追加リストで補強に乗り出せと言いたくなる。小宮山慎二千葉ロッテ吉田裕太埼玉西武で中田祥多もしくは藤澤亨明、東北楽天の小関翔太か下妻貴寛も捕手補強に着手は。投手も完全なる戦力になる選手を獲得すべきだ。

落合方式のコストカット査定導入で年俸を大幅に削り、事業仕分けプランで6億円は球団への還元するシステムを作る形をとらせては4等分で1億5000万円分でファンサービス、球団とフロント、神宮に投資プランも考えてる。また、ファームについては戸田だけでなく大田スタジアムでの試合もすべきだと見ており、他にソフトバンク同様の3軍システム導入や更にファンサービスに横浜DeNA、広島同様にやるべきだと考えており、1軍とファームのやり方は金本・掛布みたいに連携をすべきだと見ている。そのコストカット査定の年俸6億円の4等分で1億5000万円を還元すべきと挙げている。

ヤクルト真中監督は延長固辞「勝つ自信ない、失礼」